瓦について

トップ > 瓦について > 片岡の瓦

片岡の瓦

吉備の良質な原土を使用、住まいに強さと美しさを与える和瓦

当社は吉備の良質な原土を使い、住まいに強さと美しさを与えるとともに、安心と豊かな暮らしを届けることをテーマとして和瓦を作り続けてきました。
当社の製品は、完全な品質管理と新しい技術の導入により生産し、工業試験場検査結果でも優秀な結果を残し、変色もほとんどありません。
当社の自慢の瓦をぜひご利用ください。

■瓦の特長

特長1:防水性
日本は世界でも有数の雨の多い地域です。屋根材にとってはなかなかくせものの雨も瓦なら安心。吸水性・透水性もわずかで、雨の多い地方でも安心して使えます。
特長2:断熱性
夏の暑い日射しによる熱を室内に入れないのと同時に冬に室内の熱が逃げるのを防ぐことも重要です。屋根の断熱性が不十分ですと夏は室内が蒸し風呂のようになり、冬はいくら暖房しても室内が暖まりません。
特長3:耐火性
燃えないことも屋根の役目のひとつです。特に飛び火から建物の延焼を防ぐには、燃えない屋根材が必要となります。建築基準法改正により瓦も不燃材料に定められ防火地域はもちろん、準防火地域や第22条指定区域内の屋根にも安心して施工できます。
特長4:遮音性
重い材料ほど遮音性が高く、瓦屋根材は比較的重量があるうえに安定しているため遮音性に優れた屋根材で雨音も気になりません。
特長5:耐久性
屋根材の中でも瓦は特に耐久性に優れ、建築の歴史が如実に物語っています。現に1000年以上も風雪に耐え、まだこれから先も長生きすると思われる古い瓦屋根の建築物も残っています。
特長4:耐寒性
北国の冬は、瓦にとって試練の季節です。内部に水が浸み込めば寒冷地では凍害の原因になりますが、瓦の吸水率は低いため寒冷地でも安心して施工されています。

■片岡の瓦の特徴

原  土
良質な吉備の土から生まれる本物の和瓦
瓦の命は原土です。当社は、長い年月に渡って自然に水簸された原土を粘度瓦に起用。大型配合機、粉砕機、混練機などにより細かく砕き練り上げ微細な粘度に調整します。だからこそ強さと美しさを持った、良質の和瓦が生まれるのです。
鬼瓦作り
瓦師の感性と匠の技を極めて
瓦師の巧みな職人技が要求される鬼瓦作り。それは何年ものキャリアと優れた技術秀でた感性が融合した瓦の芸術です。住まいを主張する最大の要素である屋根にさらに重厚感を与え、芸術性豊かなたたずまいを醸し出します。
プレス成型
最新システムが甦らせる伝統の味わい
多種類の生産ラインの全てに徹底した品質管理を図り、最新オートメーションシステムにより高品質の製品を生み出します。当社最新設備は瓦の伝統美を見事に再現し、拡大・多様化する市場ニーズにお応えしています。

■片岡の瓦についてのお問い合わせ

赤浜工場

片岡建材工業株式会社 赤浜工場

〒719-1121 岡山県総社市赤浜700
TEL:0866-92-0602 FAX:0866-92-0507

ページの先頭へ ▲